116.徳川慶喜が騒音を嫌った豊島線:山手線の成立(駒込駅の歴史)

●現在、環状線となっている東京の「JR山手線」(やまのてせん)は、はじめから環状線として計画された訳ではありませんでした。

●環状となっている東側部分(下町部分)は、東海道本線、東北本線の幹線の一部として計画され、武蔵野台地上を走る山手線という線路の名称は、当初、品川・赤羽間(品川線)をいいました。つまり、現在の環状線の西半分の「山手」(やまのて)の部分のみを山手線と称しました。(参考図)

(1)新 橋(汐 留) – 品 川 官設鉄道(東海道本線)明治5年(1872)6月12日

(2)上 野 – 田 端 日本鉄道(東北本線)明治16年(1883)7月26日

(3)品 川 – 赤 羽 日本鉄道品川線(山手線)明治18年(1885)3月1日

(4)池 袋 – 田 端 日本鉄道品川線豊島支線(豊島線)(山手線)明治36年(1903)4月1日

(5)東 京 – 上 野 (東北本線)大正14年(1925)11月1日

●のちに山手線の一部になる豊島線の工事の様子を当時の新聞(東京日日 明治35年9月19日)は、次のように報じています。

「日本鉄道の事業拡張 同会社にては、昨年来諸般設備の拡張方針を執り、既に工事に着手したるもの、もしくは着手せんとするものあまたあるが、目下工事中なる豊島線、すなわち田端より池袋に至る新線路は、本年十一が竣成期限なれど、用地買収の思わしく進行せざりしと、工事着手後天候の不良なりし等にて、兎角工事捗取らず、ようやく土工の六分通りを竣えたるに過ぎざれば、その完成は来年三月頃となるべく、四月頃より運転開始に至らんか。」

●徳川慶喜は、この豊島線の鉄道開通の騒音を嫌って、明治30年(1897)11月19日から明治34年(1901)12月24日までの4年間住んだ巣鴨の「梅屋敷」(北豊島郡巣鴨町一丁目十七番地)(現・豊島区巣鴨一丁目)から、小石川區小日向第六天町五四番地(現・文京区春日二丁目7-4)の小日向邸(徳川慶喜終焉の地)(現・国際仏教学大学院大学の場所) に転居することになります。

●明治39年(1906)11月1日に日本鉄道が鉄道国有法によって国有化された後の明治42年(1909)10月12日になって、品川線と豊島線とがまとめて山手線と呼ばれるようになります。

●自宅のある豊島区駒込四丁目の最寄り駅であるJR駒込駅から山手線に乗ってJR田端駅へ行く途中に山手線でもめずらしい踏切(第二中里踏切)(滝野川・円勝寺近隣)があります。この踏切を過ぎたあたりから、電車は右にカーブをとりながら勾配を下ります。左手にコンクリートで固められた半島の先端のようにみえる土手を過ぎると、突然、視界が開けます。山道を下って海岸の崖下へでた感じがします。一瞬、太古はこのあたりも海だったのではないかと思わせますが、いまでは新幹線の高架が視界を遮っています。

 

駒込駅前の本郷通り

注)第一中里踏切は、すでに廃止されています。この踏切の近くにあったのが、東京養老院です。養育院とは別の施設です。「東京養老院鳥観図」でみると踏切との位置関係がわかります。

東京養老院鳥観図 画面右手が田端駅方面、左手が駒込駅 中央に第一中里踏切がみえる

 

第一中里踏切跡付近

昭和14年当時の踏切風景

●逆にJR田端駅からJR駒込駅に向かうと、今度は、右手に見える土手のあたりから、掘り割りを進むように勾配を登り、山手(やまのて)に入って行く感じがします。土手の右手の崖下(中里トンネル)には、王子・赤羽方面に向かう京浜東北線が走っています。

●豊島線の工事は、駒込から大塚あたりまでは、武蔵野台地の一部を削りながらの工事であったようですから、巣鴨あたりの静けさのなかでは、自然を愛し、田端・駒込あたりで狩猟を楽しんだ慶喜にとっては、工事の騒音が趣味を奪う、自然破壊のように思われたのかもしれません。

●JR駒込駅の構造は、わたしが山手線を使いはじめた昭和30年代のはじめ頃から、ほとんど変わっていません。巣鴨よりの改札口へは階段を上がり、田端よりの改札口へは階段を下ります。駅のホームは土手に面していますが、ツツジが植えられ「植木の里・染井」を印象づけています。

駒込駅にホームドアがついたのは2013年(堀江幸司撮影)
線路の向こう側の建物はHOTEL METS(堀江幸司撮影)
駒込駅(1977年9月3日に撮影された写真)
巣鴨駅(1977年7月16日に撮影された写真)

 

駒込巣鴨間 画面奥に駒込駅の駅舎がみえる 橋は染井橋(この線路が露天掘りで明治期につくられた)

JR駒込駅巣鴨よりの改札口(南口・北口)からは、台地上の本郷通りに出られます。六義園旧古河庭園へは、この改札口を使うことになります。田端よりの改札口(東口)(中里・田端方面)からは、今は暗渠となっていますが、染井墓地(霊園)から上野不忍池に向かって流れていた藍染川があった低地に出ることができます。この藍染川の暗渠に沿って芥川龍之介が晩年を過ごした田端に抜けるよい散歩道があります。

田端文士村記念館

●駒込は、地形的に山手の入口ともいえる場所で、また、営団地下鉄南北線の開通で、山手散歩と下町散歩にはうってつけの場所となりました。

 

開業当時の品川線(山手線):品川・赤羽間の途中駅
明治18年(1885)3月1日、[16日開業]

品 川 ⇔ [目 黒] ⇔ 渋 谷 ⇔ 新 宿 ⇔ [目 白] ⇔ 板 橋 ⇔ 赤 羽

(列車は、一日、四往復で新橋駅に乗り入れた)

(参考図)

現在、一般的に山手線というと1周34.5キロ(29駅)の環状線をさしますが、正確には、これは運転系統の名称で、線路名称(路線)としての山手線は、品川・大崎・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・田端の17駅の間をいうそうです。また、池袋・赤羽間が赤羽線と呼ばれるようになったのは、昭和47年(1972)7月15日のことでした。

京浜東北線
↓↑
↓↑
(赤 羽) ⇔ ⇔ (東十条) ⇔ ⇔ (王 子)
↓↑                         ↓↑
(十 条)                        ↓↑
↓↑                       (上中里)
(板 橋)                         ↓↑
↓↑                          ↓↑
池 袋 ⇔ 大 塚 ⇔ 巣 鴨 ⇔ 駒 込 ⇔ 田 端
↓↑                          ↓↑
目 白                      西日暮里
↓↑                          ↓↑
高田馬場                      日暮里
↓↑                          ↓↑
新大久保                      鴬 谷
↓↑                          ↓↑
新 宿                       上 野

↓↑                          ↓↑
代々木                       御徒町

↓↑                          ↓↑
原 宿                       秋葉原
↓↑                          ↓↑
渋 谷                       神 田
↓↑                          ↓↑
恵比寿                       東 京
↓↑                          ↓↑
目 黒                       有楽町
↓↑                          ↓↑
五反田                       新 橋
↓↑                          ↓↑
大 崎 ⇔ ⇔ 品 川 ⇔ ⇔ 田 町 ⇔ ⇔ 浜松町

 

駒込駅の歴史(駒込駅70周年記念入場券より)

 

駒込・巣鴨間(染井付近)を走る電車

🌸土手の下を走る電車が写っています。説明文によると、駒込巣鴨間の染井のあたりとあります。画面の左側が大和郷のある旧本郷区で、右側が旧豊島郡染井です。電車は、ちょうど私の自宅の土手下を通過しています。

🌸小学生の頃の土手は、のどかなもので、線路側まで降りていって、ザリガニ取りなどができ、菜の花が咲き、染井吉野桜とのコントラストが見事なものでした。

🚋🚋🚋

地下鉄・南北線の開通

駒込駅に通じる地下鉄・南北線の駒込・赤羽岩淵間の開通記念切符(平成3年11月29日)を追加しました。

わたしは、平成7年から約2年間、尾久にあった東京女子医科大学第二病院の図書室に勤務していましたので、この南北線を使って王子経由で通勤していました。王子からは、都電で熊野前まで行って、商店街のなかを抜けて、病院に隣接する医局棟の一階の図書室で執務していたのです。昼休みには、荒川散歩など楽しい時代でした。

南北線は、その後、市谷方向に延長されましたので、本館に戻ってからも、南北線と大江戸線を乗り継いで、新宿河田町に通うことになりました。

いまでは、南北線は、いろいろな線と接続されていますので、駒込から横浜まで乗り換えなしに行くことできるようになっています。

 

参考文献:
(1) 原田勝正:井上勝と山手線建設計画.『江戸・東京を造った人々I』(『東京人』編集室編 筑摩書房 2003)(ちくま文芸文庫)pp.237-256.

(平成15年11月24日記)(令和4年2月24日 追記)