75.「東都掃苔記」(51-100)と「GoogeMyMap 医家墓所掃苔録」(2)

  (承前


♪雑誌『日本醫事新報』誌上に、連載「東都掃苔記」を執筆した杉野大澤の本名は、安西安周(あんざい・やすちか)(1889-1969)(医史学者)です。そのことを,自らの師である木村博昭のお墓を掃苔するときに明らかにしています67)。

♪木村博昭(1866-1931)は,浅田宗伯(あさだ・そうはく)(1815-1894)の晩年の門人で,大正から昭和にかけて町医として流行した漢方医でした。安西安周は,大正末期から昭和6年(1931)まで,木村博昭について,浅田宗伯の医術の伝授を受けたとのことです。


♪安西安周が収集した明治初年の医学資料は,現在,国立教育政策研究所教育研究情報センター教育図書館に安西安周文庫(特殊コレクションの一部)として所蔵されているようです。閲覧には,予約などの手続きが必要なようですが,一度,手続きを進め,安西安周文庫に,どのような資料が収蔵されているかを,確認してこようと思います。「東都掃苔記」に登場した医家の伝記的資料も含まれているのではないでしょうか。訪問が楽しみです。

国立教育政策研究所教育研究情報センター教育図書館

東京都千代田区霞が関3-2-2 中央合同庁舎 第7号館 5階・6階(03-6733-6536)

◆◆◆

Googe My Map医家墓所掃苔録(染井霊園・雑司ヶ谷霊園・谷中霊園)

染井霊園

雑司ヶ谷霊園(製作中)

谷中霊園(製作中)

谷中五重塔(絵葉書)
谷中五重塔(絵葉書)
谷中五重塔(絵葉書)

「東都掃苔記」(51-100)(『日本医事新報』誌の連載記事より一覧表を作成)

人物所属・専門墓所位置
51) 岡田 和一郎東大耳鼻咽喉科講座の開祖染井霊園一種四號七側
51) 岡田 清三郎横田氏,岡田家の養嗣子となり和一郎の長女和子を配す。染井霊園一種四號七側
 東大青山内科,千葉醫科大學,名古屋帝國大學教授  
52) 田口 和美日本解剖學會の會頭,大學教授解剖學教室を主宰染井霊園一種イ一號十四側
52) 田口 硯臣 千葉醫専の解剖學教授染井霊園一種イ一號十四側
52) 加藤 照業本郷瘋顛病院長染井霊園一種一號二十側
53) 須田 経哲名々堂眼科(春日町)染井霊園一種イ一號七側
53) 須田 哲造細井氏,初代の長女イソと婚す  廣島病院兼井学校長染井霊園一種イ一號七側
 内田氏,東京醫學専門學校教授(眼科)染井霊園一種イ一號七側
54) 阿久津 資生湯島の佐藤順天堂醫院創立功労者の一人染井霊園一種ロ6號五側
54) 阿久津三郎東大,順天堂泌尿器科科長,私立阿久津病院染井泰宗寺 
55) 大瀧 富三順天堂創立功労者の一人染井霊園一種八號三側
55)大瀧 潤家東大卒,駒込病院醫局員,順天堂内科醫長染井霊園一種八號三側
56)高 良齋シーボルト門下染井霊園一種三號一側
56) 坪井 信良幕末蘭學大家坪井信道の養子,人類学者坪井正五郎の父染井霊園一種八號六側
56) 小峰 茂之王子脳病院(滝野川西原),小峰病院染井霊園一種四號二十側
57) 川上元治郎日本眼科學會創立者の一人,「日本醫事新報」の創刊者護國寺文京區音羽
57) 桂 秀馬侍醫護國寺文京區音羽
57) 桂 秀三 護國寺文京區音羽
58) 高山 正雄東大卒,福岡醫科大學教授(法医學)染井霊園一種十二號三側
58) 菅野 徹三済生學舎卒,阿久津三郎博士の長兄吉祥寺駒込
58) 田中苗太郎外語濁語卒,帝大醫科卒,軍醫,鹿児島病院長(外科)染井霊園一種十二號一側
59) 梅錦 之丞東京大學醫學部卒,醫學部講師と第一醫院眼科主任延壽寺足の神さまの寺,台東區上三崎南町七六
59) 井上達也大學東校卒,東京駿河台井上眼科病院の創設者大龍寺北區田端町
60) 大谷 周庵熊本・長崎醫學校に奉職,侍醫,赤坂の自宅で開業講安寺豊島區巣鴨庚申塚停留所の近く
60) 疋田復次郎東京帝國醫科大學卒,廣島病院長護國寺 
60) 右田 朝子井上達也の養子,済生學舎卒,井上眼科病院長大龍寺北區田端町
61) 宮本 叔駒込病院長雑司ヶ谷霊園一種十八號三側
61) 山本 景行海軍軍醫,横須賀海軍病院長雑司ヶ谷霊園一種九號二側
62) 小池 正直陸軍軍醫監雑司ヶ谷霊園一種二號二側
62) 大塚 蘭渓茨木病院長雑司ヶ谷霊園小池家の隣り
63) 弘田 長東京帝國大學醫科大學・小児科學教授雑司ヶ谷霊園一種十四號七側
63) 荻野 吟子わが國最初の女醫雑司ヶ谷霊園五號廿四側
64) 濱田 玄達濱田病院の創設者,日醫新會長雑司ヶ谷霊園一種二號十一側
64) 中濱東一郎中濱万次郎の長男,福島醫學校教授,岡山・金澤病院長雑司ヶ谷霊園一種十五號
65) 林 春雄福岡醫大教授,東大教授(薬理學),公衆衛生院長雑司ヶ谷霊園一種十六號九側
65) 上林 豊明皮膚科土肥教授門下,飯田橋に近い江戸川端に開業雑司ヶ谷霊園一種十四號十一側
66) 下瀬謙太郎陸軍軍醫監,十九代陸軍軍醫學校校長兼教官染井霊園一種ロ十二號
66) 狩野 武十(燕汁)東大眼科狩野信一助教授の先考雑司ヶ谷霊園二十號七側
67) 加藤 弘之東大総長文學法學博士雑司ヶ谷霊園四號三側
67) 加藤照麻呂東大医学部卒(小児科)宮内省侍醫雑司ヶ谷霊園四號三側
67) 木村 博昭浅田宗伯晩年の門人,安西安周の師雑司ヶ谷霊園十九號七側
68) 吾妻 勝剛東大卒(産科婦人科),木下博士門下,京大教授本妙寺墓地豊島區巣鴨四丁目
68) 楠田 譲蔵兵庫醫學校卒,淡路に開業,濱町病院(産科婦人科)谷中霊園甲四號一側
68) 伊東 徹太東大卒(皮膚科),千葉醫専教授(皮膚花柳病學担任)谷中霊園甲八號九側
69) 本間 貞佐漢蘭折衷派の大成者本間棘軒の男谷中霊園甲八號十二側
69) 増山 守正南湖院長高田畔安博士の実父谷中霊園甲新十六號四側
70) 三浦 守治東大病理學教室最初の主任教授谷中霊園甲二號三側
70) 坪井 為春坪井信良の義兄弟谷中霊園甲二號八側
71) 遠田 澄庵明治11年,神田表神保に脚気病院(洋方と漢方)の漢方日蓮宗本立寺雑司ヶ谷霊園近く
71) 江馬 春熈駿河台脚気病院(洋方家)蓮光寺文京區蓬来町
72) 中島 一可解剖學者,大學東校卒,陸軍二等軍醫正蓮光寺文京區蓬来町
72) 山田 椿庭伊澤蘭軒門下蓮光寺文京區蓬来町
72) 青山 景通青山胤通の先考蓮光寺文京區蓬来町
73) 緒方 洪庵史跡指定,森鴎外の追賁碑あり高林寺駒込蓮光寺墓地の隣寺
73) 岡 了節(節齋)江戸侍醫で小児科の名家岡櫟仙院一族の墓高林寺駒込蓮光寺墓地の隣寺
74) 森 鴎外鴎外森林太郎一家の墓禅林寺中央線三鷹駅の南方
74) 佐藤 應渠曾津藩に種痘を初めて輸入した人浅草正覚寺池上本門寺域
75) 司馬 凌海明治5年わが国最初の濁和対訳の字書を刊行青山霊園一種イ六號四側
75) 山根 正次司馬凌海の春風社の門下,醫政家,醫事衛生・醫學教育青山霊園一種ロ八號警視廳墓域
76) 櫻井郁二郎産科婦人科専門矢の倉の櫻井病院の創立者青山霊園一種二十一號十四側
76) 柳井 貴三櫻井病院に一生を捧げる青山霊園櫻井家の墓地に接して背中合せにある
77) 木下 熈木下正中の先考青山霊園一種二十一號十六側
77) 木下 正中産科婦人科の泰斗青山霊園一種二十一號十六側
78) 荒木寅三郎京大総長,学習院院長立的塚群馬県安中町字板鼻の小丘
79) 井上豊太郎麹町區飯田町の東京眼科病院院長青山霊園一種一號十九側
79) 高橋 傳吾愛知醫専教諭眞珠院墓地小石川傳通院西側
80) 松本 順近代日本醫界の元勲妙大寺大磯
80) 太田 雄寧蘭疇門下の秀才,「東京醫事新誌」の創刊者浄榮寺牛込薬王寺町
81) 庄司秋次郎千葉醫専卒,眼科開業医,静的学者肌の書斎人建長寺北鎌倉
81) 内田 孝蔵明々堂眼科の前院長須田卓爾博士の実弟東慶寺北鎌倉驛より程近く
82) 唐澤 光徳慶大小児科教授青原寺中野區昭和通り
82) 柴田 元泰江戸幕醫の唖科青原寺中野區昭和通り
83) 清川 菖軒蘭門の五哲のひとり妙源寺(もと本所)葛飾區堀切
83) 森 枳園蘭門の五哲のひとり洞雲寺池袋(三ノ一六〇五)
84) 杉田 玄端杉田立卿の養子,蕃書調所教授手傳青山霊園一種イ一號
84) 杉田武・雄・盛・六蔵 杉田雄は杉田つる博士の先考青山霊園一種イ一號
84) 前野 良澤蘭学開祖慶安寺杉並區堀の内一ノ一三七
84) 中川 淳庵観臓三先哲のひとり金剛寺中野區上高田二の三一一
  (落合火葬場の裏側)
85) 大槻 盤水(玄澤)「重訂解體新書」を完成,「蘭学階梯」を刊行東禅寺墓域下高輪
85) 大槻 盤渓盤水の男東禅寺墓域下高輪
85) 大槻 如電盤水の孫東禅寺墓域下高輪
85) 宇田川槐園蘭學の名醫宇田川家 初代多磨霊園第五區乙五側
85) 宇田川榛齋蘭學の名醫宇田川家 二代多磨霊園第五區乙五側
85) 宇田川榕庵蘭學の名醫宇田川家 三代多磨霊園第五區乙五側
85) 坪井 信道(誠軒)注)伊東玄朴・戸塚静海と共に幕末蘭方三大家多磨霊園第五區乙三側(宇田川家墓の近く)
86) 柴田 洛南江戸末期の唖科名醫総泉寺板橋區志村
86) 菊池 康庵秋田佐竹藩の侍醫総泉寺板橋區志村
87) 田村 春吉前名古屋大學総長眞光寺大田區南六郷一ノ一七
88) 平野 革谿多紀桂山の門妙國寺南品川
88) 新井春次郎慈恵醫大の解剖學教授青松寺裏の墓地港區
88) 古賀玄三郎東京市築地林病院,盛岡市盛岡病院外科部長,北里研究所清正公で有名な寺港區
89) 松山 棟庵福沢諭吉の主治醫漕渓寺港區古川橋近く
89) 松山陽太郎松山病院の二代院長,慈恵醫大名誉教授漕渓寺港區古川橋近く
89) 三輪信太郎小児科延壽堂病院長(神田)小石川傳通院 
90) 千葉彌次馬帝國大學醫科大學卒業,開業(眼科),土肥・呉・宮入と同期永吉千葉邸つづきの小丘 
90) 内藤 隆一牛込柳町に眼科専門で開業十念寺福島懸須賀川市税務所通り
91) 橋本 綱常初代の陸軍省醫務局長,醫科大學教授,日本赤十字社病院長長谷寺麻布笄町,永平寺東京別院長谷寺
91) 橋本 綱維大阪鎮台病院長麟祥院墓地文京區役所本郷出張所の隣
92) 瀬川 昌耆東大卒,宮城醫學校長,本所の江東病院,駿河台の小児科病院長青山霊園一種イ五號
92) 尼子 四郎鹿児島醫學校卒,富士川博士と同期,「醫學中央雑誌」を設立一音寺文京區本郷東片町一〇八
93) 太田 三郎福島醫學校出身,郡山太田綜合病院の創設者善導寺墓地病院前の寺
93) 鈴木万次郎福島醫學校出身,神田神保院の開設者郷社の裏故郷須賀川諏訪町
94) 橋田 邦彦開戦当時の文相,東京帝國大學教授醫學博士浄心寺文京區蓬来町
94) 小泉 親彦元厚相(陸軍軍醫中将)青山霊園一種イ十一號七側
95) 木下 藤一土肥慶蔵博士の最初の助手,本郷千駄木に木下皮膚科病院を開設興善寺文京區初音町
95) 加治時次郎「ドクトル加藤時次郎」,平民病院,平民食堂を主唱創設池上本門寺五重塔のもと
95) 小川劍三郎東大卒(眼科),池之端小川眼科病院の創立者多磨霊園十三區甲種廿一側
96) 宇都野研東大卒,本郷の小児科院長多磨霊園十二區甲種一側
97) 石阪 堅荘(秋朗)シーボルト門下の一人,石阪桑亀の男多磨霊園十區甲六側
97) 石阪 惟寛石阪桑亀の孫,第三代軍醫学校長,第六代醫務局長多磨霊園十區甲六側
97) 鈴木 重道海軍軍醫,横須賀海軍病院長多磨霊園十五區甲十五側
97) 鈴木寛之助海軍軍醫,金澤醫専卒,海軍軍醫学校長多磨霊園三區乙八側
97) 鈴木 裕三海軍軍醫,呉海軍病院長多磨霊園三區甲八側
98) 川島 震一胃腸病院長,博士の夫人は平山金蔵博士の息女多磨霊園三區甲三十四側
98) 平山 金蔵胃腸病院長,長與称吉博士の歿後院長多磨霊園六區甲五側
98) 神保孝太郎胃腸病院副院長,神保消化器病院(水道端)多磨霊園十四區甲十側
99) 山川章太郎東大青山内科門下生,東北帝國大學教授(内科)多磨霊園三區甲九側
99) 柿沼 冥作東大青山内科門下生,岡山醫科大學教授,東京帝國大學教授多磨霊園十二區甲十六側
100) 宇野 朗樂山堂病院長(浅草小島町)常林寺境内駿州三島
100) 清野 一學富士山麓上野の旧家(第十二代の眼科醫)大石寺富士山麓にある日蓮宗本山の一つ
100) 清野 勇東大第一回卒,岡山縣病院長・醫學校長,大阪府醫學校長

注)85)坪井信道(誠軒)の墓石は、現在、染井霊園にあります。

◆◆◆🚙

東都掃苔記」(51)から(100)までの文献一覧(PDF)

51)「東都掃苔記(51)」岡田家の墓・岡田先生遺徳碑・岡田清三郎先生記念碑:『日本醫事新報』第1633号,p.46.(昭和30年8月13日)

52)「東都掃苔記(52)」田口家の墓・加藤家の墓:『日本醫事新報』第1634号,p.68.(昭和30年8月20日)

53)「東都掃苔記(53)」須田氏の墓:『日本醫事新報』第1635号,p.62.(昭和30年8月27日)

54)「東都掃苔記(54)」阿久津資生翁の墓・阿久津三郎博士の墓:『日本醫事新報』第1636号,p.50.(昭和30年9月3日)

55)「東都掃苔記(55)」大瀧家の墓・大瀧潤家博士の墓:『日本醫事新報』第1637号,p.66.(昭和30年9月10日)

56)「東都掃苔記(56)」高良齋の墓・坪井信良の墓・小峰茂之博士の墓:『日本醫事新報』第1638号,p.46.(昭和30年9月17日)

57)「東都掃苔記(57)」川上元治郎氏の墓・桂父子の墓:『日本醫事新報』第1639号,p.54.(昭和30年9月24日)

58)「東都掃苔記(58)」高山正雄博士の墓・菅野徹三氏の墓・田中苗太郎博士の墓:『日本醫事新報』第1640号,p.54.(昭和30年10月1日)

59)「東都掃苔記(59)」梅錦之丞先生の墓・井上達也先生の墓:『日本醫事新報』第1641号,p.52.(昭和30年10月8日)

60)「東都掃苔記(60)」大谷周庵翁の墓・疋田復次郎氏の墓・女醫右田朝子の碑:『日本醫事新報』第1642号,p.48.(昭和30年10月15日)

61)「東都掃苔記(61)」宮本 叔博士の墓・山本景行総監墓:『日本醫事新報』第1643号,p.48.(昭和30年10月22日)

62)「東都掃苔記(62)」小池家累代の墓・大塚蘭渓の墓:『日本醫事新報』第1644号,p.46.(昭和30年10月29日)

63)「東都掃苔記(63)」弘田長先生の墓・女醫荻野吟子女史の墓:『日本醫事新報』第1645号,p.46.(昭和30年11月5日)

64)「東都掃苔記(64)」濱田玄達先生の墓・中濱東一郎博士の墓:『日本醫事新報』第1646号,p.54.(昭和30年11月12日)

65)「東都掃苔記(65)」林家の墓・上林博士の墓:『日本醫事新報』第1647号,p.50.(昭和30年11月19日)

66)「東都掃苔記(66)」下瀬家の墓・鹿野氏の墓:『日本醫事新報』第1648号,p.50.(昭和30年11月26日)

67)「東都掃苔記(67)」加藤家の墓・木村博昭の墓:『日本醫事新報』第1649号,p.54.(昭和30年12月3日)

68)「東都掃苔記(68)」吾妻家の墓・楠田譲蔵氏の墓・伊東徹太博士の墓:『日本醫事新報』第1650号,p.56.(昭和30年12月10日)

69)「東都掃苔記(69)」本間貞佐翁の墓・増山守正翁の墓:『日本醫事新報』第1651号,p.66(昭和30年12月17日)

70)「東都掃苔記(70)」三浦守治博士の墓・坪井為春翁の墓:『日本醫事新報』第1652号,p.66.(昭和30年12月24日)

71)「東都掃苔記(71)」遠田澄庵の墓・江馬家の墓:『日本醫事新報』第1653号,p.32.(昭和30年12月31日)

72)「東都掃苔記(72)」中島一可の墓・椿庭山田翁の墓・青山景通之墓:『日本醫事新報』第1654号,p.88.(昭和31年1月7日)

73)「東都掃苔記(73)」緒方洪庵夫妻の墓・岡家の墓:『日本醫事新報』第1655号,p.85.(昭和31年1月14日)

74)「東都掃苔記(74)」鴎外の墓・佐藤應渠の墓:『日本醫事新報』第1656号,p.62.(昭和31年1月21日)

75)「東都掃苔記(75)」司馬凌海の墓・山根正次の墓:『日本醫事新報』第1657号,p.64.(昭和31年1月28日)

76)「東都掃苔記(76)」櫻井郁二郎院長の墓・柳井貴三翁の墓:『日本醫事新報』第1658号,p.66.(昭和31年2月4日)

77)「東都掃苔記(77)」木下家の墓:『日本醫事新報』第1659号,p.60.(昭和31年2月11日)

78)「東都掃苔記(78)」荒木鳳岡の墓:『日本醫事新報』第1660号,p.64.(昭和31年2月18日)

79)「東都掃苔記(79)」井上豊太郎一家の墓・高橋傳吾博士の墓:『日本醫事新報』第1661号,p.50.(昭和31年2月25日)

80)「東都掃苔記(80)」蘭疇松本順一家の墓・太田家の墓:『日本醫事新報』第1662号,p.50.(昭和31年3月3日)

81)「東都掃苔記(81)」庄司秋次郎博士の墓・内田孝蔵博士の墓:『日本醫事新報』第1663号,p.52.(昭和31年3月10日)

82)「東都掃苔記(82)」唐澤家の墓・柴田長松の墓:『日本醫事新報』第1664号,p.54.(昭和31年3月17日)

83)「東都掃苔記(83)」清川家の墓・森枳園の墓:『日本醫事新報』第1665号,p.66.(昭和31年3月24日)

84)「東都掃苔記(84)」杉田家の墓・前野蘭化先生の墓・中川淳庵先生の碑:『日本醫事新報』第1666号,p.64.(昭和31年3月31日)

85)「東都掃苔記(85)」大槻家の墓・宇田川家の墓・坪井誠軒の墓:『日本醫事新報』第1667号,p.68.(昭和31年4月7日)

86)「東都掃苔記(86)」柴田家の墓・菊池康庵の墓:『日本醫事新報』第1668号,p.54.(昭和31年4月14日)

87)「東都掃苔記(87)」田村名大総長の墓・平野革谿一家の墓:『日本醫事新報』第1669号,p.68.(昭和31年4月21日)

88)「東都掃苔記(88)」新井春次郎夫妻の墓・古賀玄三郎博士の墓:『日本醫事新報』第1670号,p.68.(昭和31年4月28日)

89)「東都掃苔記(89)」松山棟庵一家の墓・三輪信太郎博士の墓:『日本醫事新報』第1671号,p.64.(昭和31年5月5日)

90)「東都掃苔記(90)」千葉彌次馬の墓・内藤隆一の墓:『日本醫事新報』第1672号,p.58.(昭和31年5月12日)

91)「東都掃苔記(91)」橋本家の墓:『日本醫事新報』第1673号,p.64.(昭和31年5月19日)

92)「東都掃苔記(92)」瀬川昌耆夫妻の墓・尼子四郎翁の墓:『日本醫事新報』第1674号,p.64.(昭和31年5月26日)

93)「東都掃苔記(93)」太田三郎翁の墓・鈴木家の墓:『日本醫事新報』第1675号,p.60.(昭和31年6月2日)

94)「東都掃苔記(94)」橋田家の墓・小泉家の墓:『日本醫事新報』第1676号,p.64.(昭和31年6月9日)

95)「東都掃苔記(95)」木下藤一翁の墓・加治時次郎翁の墓:『日本醫事新報』第1677号,p.50.(昭和31年6月16日)

96)「東都掃苔記(96)」小川劍三郎博士の墓・宇都野家の墓:『日本醫事新報』第1678号,p.62.(昭和31年6月23日)

97)「東都掃苔記(97)」石阪家の墓・鈴木三海軍軍醫の墓:『日本醫事新報』第1679号,p.52.(昭和31年6月30日)

98)「東都掃苔記(98)」川島家の墓・平山家の墓・神保孝太郎博士の墓:『日本醫事新報』第1680号,p.56.(昭和31年7月7日)

99)「東都掃苔記(99)」山川章太郎教授の墓・柿沼冥作教授の墓:『日本醫事新報』第1681号,p.50(昭和31年7月14日)

100)「東都掃苔記(100)」宇野家の墓・清野家の墓:『日本醫事新報』第1682号,p.52.(昭和31年7月21日)

(平成22年7月7日 雨の七夕の日に記す)