46. 映画「狂った一頁」(2):川端康成の「撮影日記」

♪東京府巣鴨病院(前・東京府癲狂院)が茂原郡松澤村上北澤に移転して,東京府松澤病院(現在の東京都立松沢病院)となったのは,大正8年(1919)11月7日のことでした1)。榊俶のあとを継いだ呉秀三の理想に基づいて建設され,広大な構内には農場や庭園なども設けられました。

東京府松澤病院正門(絵葉書)
東京府松澤病院(病院鳥瞰)(絵葉書)
東京府松澤病院(病室の外観)(絵葉書)
東京府松澤病院(庭園の一部)(絵葉書)
東京府松澤病院(レントゲン室・治療室)(絵葉書)

♪当時,松澤病院に入院していた葦原将軍2)3)こと芦原金次郎(嘉永3年―昭和12年)は,明治43年(1910)7月9日に乃木希典(陸軍大将)と面会するなど,精神病者として新聞紙上を賑わした患者で,乃木を案内したのが呉秀三でした。明治から大正,昭和へと続く軍国化のなかで,精神病者への対応など「脳病院」が注目された時代でした。

♪衣笠貞之助が,いつ松澤病院を取材したか,その月日や院内を案内した医長については,わかりませんが,大正14年(1925)6月30日に呉秀三院長が退職して,三宅鑛一(三宅秀の長男)が院長になっていました。

♪開院当時の松澤病院は,病院全体がコロニーを形成しており,広大な敷地のなかに畑,水田,畜産場,園芸用地のほか,作業場などもあって「作業療法」も実施されていました。4)5)6)作業療法の建物には,男病者工作場(封筒貼り作業場),女病者工作場(裁縫作業場),大工工作場,印刷場などがあり,衣笠貞之助は,これらの施設も見学してまわったものと思われます。

 

(参考絵葉書)山形脳病院(現・山形さくら町病院)の作業療法

山形脳病院の作業療法(1)(絵葉書)
山形脳病院の作業療法(2)(絵葉書)

 

◆下賀茂松竹撮影所(京都)と川端康成の「撮影日記」

♪『狂った一頁』の撮影は,京都の下賀茂の松竹撮影所で行われました。撮影所は、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)(下鴨神社)の「糺(だだす)の森」の近く、加茂川沿いにありました。

♪「撮影のための宿舎からは、糺の森が見え、暗闇のなかでの脳病院風景の撮影は、恐ろしく、高笑いする女優の演技は、まさしく狂えるようなものであった」と川端康成は書いています。6)

下鴨神社と糺の森(絵葉書)
賀茂御祖神社(下賀茂神社)の賀茂祭(葵祭)

 

・・・踊子,気狂病院の病室にて踊り狂ふ卵色に塗りしトタン張りに鉄格子あるセットなり。踊子,支那米封筒の如き服を纏へり。肩腰など痛ましく破れ,腕と脚は露わにして素足なり。元来この狂へる踊子の役,格別に意味はなけれど,脳病院における小使と狂人の群の描写が大部分を占むるこの映画に色彩を与へ,時々気分を花(ママ)やかならしむる点において,甚だ重要なる役目なり。
始め須田美子出演の由を知り大いに喜びて,特にこの役を書き加へしなり。しかるに,高田雅夫氏の舞台の都合にて,出演せず,と聞きしかば,僕の失望甚だし。踊子なしでは,このシナリオの撮影不可能にあらずやと思ひし程なり。されば,踊子として現れたる南栄子氏は一人の救いの神なり。

15日
葵祭の日なり。
同志社大学の小壮教授谷川徹三氏注3)楽屋合宿所に来る。水上譲太郎氏より紹介さる。一高を僕より二三年前に出た人。一高の話少々。映画の観賞家なり。午後西田幾太郎博士の講義あればとて帰る。・・・
聯盟諸君は楽屋に合宿せり。井上正夫氏一党の俳優,渡瀬淳子氏一党の俳優は別に借家せり。働く者総勢七十名。経費莫大。世間の注目あり。且つ第一回作品なれば,シナリオ作者の肩重き以上に痛し。もし失敗せば,大半は僕の責任となるべし。聯盟員が粉骨砕身せる京都の地は二度と踏み難かるべし。

16日
隣室の井上正夫氏と話す。共に近所の玉突へ行く井上氏百点,僕当たらず。
・・・愛宕山なるべし。西の山へ紅色に沈む夕日を見る。宿の東はただすの森なり。・・・
今日も夜間撮影なり。小使が狂へる妻を盗み出さんとする場面なり。深夜の狂人の姿二。半裸体にて寝てゐる踊子。秋本梅子氏の扮せる女狂人の高笑ひ。クロズアップの壁の影と共に笑ひて,恐ろしきばかり狂へる深夜の感じなり。子供見るべからざる映画なり。
・・・三時過ぎ終る。宿に帰って眠れず。青磁色の暁をみる。(「撮影日記」)7)

注3) 谷川徹三:詩人・谷川俊太郎の父で哲学者

♪実験映画として評価される『狂った一頁』は,松澤病院で行われていた作業療法の「封筒貼り」の場面を再現することによって,精神病院の実態の一部を,記録として残そうとする映画でもあったのではないか・・・衣笠貞之助監督の精神科医療に対する冷静な眼を感じさせる映画と感じました。

 

◇封切館:旧武蔵野館(東京・新宿)

♪映画「狂った一頁」が上映された新宿の旧武蔵野館のあった場所へ行ってみることにしました。

♪映画『狂った一頁』が封切上映されたのは,洋画封切館の武蔵野館(大正9年[1920]6月30日開館)(3階建 定員600名)8)9)で大正15年[1926]9月24日のことでした。

♪当時,日本一の映画劇場といわれ,洋画ファンのメッカであった武蔵野館での上映が決まるまでには,いろいろの人の好意があり,徳川夢声もそのひとりで,上映の際に舞台で解説をしたそうです。

♪武蔵野館は,新宿通りに面した新宿三越があった場所にありました。三越が閉鎖(2012年3月閉店)されたあとビックロ(ビックカメラ+ユニクロ)となっています。なお,三越新宿店南館(1997年7月閉館)があった場所は,かつて新宿新歌舞伎座があった場所で,現在はIDC大塚家具の新宿ショールームとなっています。

 旧武蔵野館があった場所に建つビックロ (平成26年9月22日 堀江幸司撮影
戦前の新宿通り(絵葉書)(平成26年10月11日 追加) (左に伊勢丹、右に新宿三越、高野フルーツパーラーの看板。三越の場所に旧武蔵野館がありました)

♪新宿武蔵野館が現在地に移転したのは,昭和3年(1928)のことで,その建物も昭和41年(1966)に取り壊され,現在のビル(武蔵野ビル 東京都新宿区新宿3-27-10)に建て替えられています。新宿武蔵野館は,ビルの3階に入っています。

新宿武蔵野館(平成26年9月22日 堀江幸司撮影)

♪最近は,紀伊国屋書店新宿本店に行かなくなったせいか,JR新宿駅の東口側には,ほとんど降りなくなりました。画材・額縁の専門店の世界堂に行くのにも,四谷三丁目まで続く地下道を通って行くために,新宿通りを歩くということが,ほとんどなくなりました。

オークヴィレッジの東京ショールームが紀伊国屋書店新宿本店7階から自由が丘に移転してからは,なおさら新宿東口は,縁遠くなっていたのですが,今回,『狂った一頁』が,また東口への道を繋げてくれました。

参考文献

1)『松沢病院外史』(金子嗣郎著 日本評論社 1982)
2)「将軍狂笑」:『明治医事往来』(立川昭二著 新潮社 1986)pp.375-382.
3)「芦原将軍のこと」:『松沢病院外史』(金子嗣郎著 日本評論社 1982)pp.261-277.
4)「墳墓発掘」:『明治医事往来』(立川昭二著 新潮社 1986)pp.368-378.
5)「精神病の治療」:『松沢病院外史』(金子嗣郎著 日本評論社 1982)pp.109-133.
6) 「第二章 移転直後の医療」:『私説松沢病院史―1879-1980』:pp.455-488.
7)「『狂った一頁』撮影日記」(川端康成著):『衣笠貞之助 狂った一頁/十字路』(上演パンフ)PP.43-44.
8)『映画の殿堂新宿武蔵野館』(開発社 2011)
9)『新宿盛り場地図』(東京新宿区立新宿歴史博物館 平成17年5月発行)

(平成26年9月23日 記す)(平成30年3月28日 追記)

45. 映画『狂った一頁』(1):原作(川端康成)と作業療法場面

♪メールで高崎俊夫氏(映画評論家)から映画の制作に「江戸東京医史学散歩」にアップしてあるニコライ堂の絵葉書を借用したいとの連絡をいただきました。

聖橋とニコライ堂

♪「ヒロインの少女が戦前へとタイムスリップし,晩年の北原白秋が入院している杏雲堂病院を見舞う場面」があって,北原白秋の心象風景として,杏雲堂病院から見えるニコライ堂が写った絵葉書を使用したいという内容でした。

杏雲堂医院表門

♪さらに日本橋,東京駅,銀座,浅草など,戦前の東京を記録した絵葉書も映画のアニメーション部分の制作に参考になりそうだということでした。

♪東京の戦前の絵葉書をGoogleマイマップ「絵葉書で見る隅田川十九橋とその周辺」のなかで公開していたことが幸いしたようです。クランクインも迫っているということで,JR駒込駅前のアルプス洋菓子店の2階の喫茶室でお会いして絵葉書の現物を見ていただくことにしました。・・・

♪雑談のなかで,「ドクトルジバコ」「ミクロの決死圏」「白い巨塔」など医療に触れた映画が好きだとお話すると川端康成が原作を書いた『狂った一頁』(新感覚派映画連盟/1926年度作品)という大正末期に制作された無声映画について教えてくださいました。「脳病院」を舞台にした1920年代のアヴァンギャルドの代表作品ということでした。

♪あとで知ったことなのですが,高崎俊夫氏は,映画評論家で映画関係の書籍の編集者でもあり,「高崎俊夫の映画アットランダム」(清流出版)という連載記事を執筆されている方なのでした。

♪川端康成は,震災後の大正13年(1924)に東京帝國大學國文學科を卒業し,映画『狂った一頁』の原作を書いた大正15年(1926)は,松林秀子(青森県八戸出身)との結婚生活に入った年にあたります1)。

♪川端康成は、学生時代から,浅草には銀座と違った「きたない美しさ」という美意識を持っていて,のちに『浅草紅團』『浅草の九官鳥』『浅草祭』など浅草ものの作品を残しています。浅草蔵前の親戚(母方の従兄)をたよって上京したのが,大正6年(1917)のことで,この年の9月に第一高等学校に入学しています。映画街として知られる浅草公園(六区)にもよく出かけたようです。震災で倒壊する前の凌雲閣(十二階)があったころです。そのころから機会があったら映画の原作を書きたいと思っていたのかもしれません。

浅草六区と十二階(浅草公園)

♪映画『狂った一頁』は,ソフト化される計画もあったようですが,DVDは見つからず,YOUTUBE上に公開されているものを観ることができました。

 

『狂った一頁』(新感覚派映画聯盟第一回作品)

監督者 衣笠貞之助

主演者 井上正夫

原作者 川端康成

配光  内田昌夫

撮影補助 円谷英一 注1)

注1)特殊撮影の第一人者となる円谷英一(本名)は,のちに英二と名乗る。

 

配 役

小使 井上正夫

妻  中川芳江

娘  飯島綾子

青年 根本 弘

医師 関 操

狂人A 高勢 実

狂人B 高松 恭助

狂人C 坪井 哲

踊り子 南 栄子

 

♪無声映画で字幕もなく,映像だけで映画の内容を理解するしかありません。物語は,狂って「脳病院」に入院中の妻のために小使となって病院に住み込み妻を看る夫と家族の苦悩を描いています。娘の結婚問題の中で,狂った妻のために夫としてなにをしたらよいのか,妻を強制的に病院から連れ出すことも考えます。しかし,妻は,暗闇の中,「脳病院」から出ることを拒絶します。夫は,医者をなぐり殺してでも妻を連れ出すことを試みるのですが,それらは,全て夢なのでした。夢から覚めた夫は,「脳病院」での小使としての日常の生活に戻ることになります。病院の廊下を掃除する場面で映画は終わります。

♪映像からだけでは物語の繋がりがよくわかりません。原作を探してみました。幸い古本屋から岩波ホールで上映された際に編集されたパンフレットを入手することができました。2)注2)

♪そのなかに詳しい原作が載っていました。それによると,原作には,制作当時より映像となっていない場面(●印)があることがわかりました。

([注2] 原作は『川端康成全集』3)に収載されている)

『衣笠貞之助 狂った一頁/十字路』(プログラム)

♪夫が妻を虐待して,その結果,妻が脳病院に入院することになったという経緯は,原作をみてはじめて知ることができました。

■■■

 

□原作にあって映像にない場面

  • 明るい洋室.時計,8時を打つ.娘,後ろ向きに立って雨合羽を着る.青年,テーブルで悪戯書きをしていたが,振り返って娘を見る.娘,露台へ出る窓を開いて,外を眺める.
  • 船員時代の生活の情景,二,三.当時,妻を虐待した小使い.妻を棄てて放浪した彼が,立ち寄った港や町.
  • 青年の明るい洋室.誰もいない.その部屋の美しい花束が,娘と青年との明日の結婚を物語っている.

□原作にはなく映像にある場面:脳病院内での作業療法(封筒貼り)の場面

♪脳病院の門,看護婦との院内散歩,病室内での医者の診察,院内花壇,作業場での封筒貼り,手鎖の女性患者,外国人医師,医務室と炊事場,鉄格子の病室など,脳病院内の情景が物語の背景として映し出されます。とくに患者が封筒貼りをする場面はリアルに表現されています。2カットありました。

(1) 脳病院内の封筒貼りの作業療法場面

(2) 脳病院内の封筒貼りの作業療法場面

(女性患者が手鎖されている次のカット)

♪それでは,封筒貼りの場面は,原作ではどのように書かれているのでしょうか。調べてみることにしました。しかし,原作には記述がありませんでした。原作とは関係なく映像が挿入されたようです。

♪衣笠貞之助は,はじめ映画の舞台をサーカス一座とする予定だったそうですが,それを「脳病院」に変更したのは,ある体験からでした。横光利一の家を訪ねたときに,駅頭で見た異様な光景が脳裡に焼き付いていたようです。次のように懐古しています4)。

「・・・わたしが駅頭で見かけたのは,ある高貴な方の一行であった。この高貴な方が精神病にかかられているということは,ひそひそ話で人はすでに耳にして知っていたことだったが,このご旅行中の一行にも,どこか常ではない,おかしなところがあった。・・・その印象が,わたしにいろんなことを考えさせたのである。・・・狂気の人が劇的な成因となってドラマの大きな要素となることを考えて,ともかく精神病院を見学してみようと,そう思いついたのであった。」(「『狂った一頁』の実験―新感覚派映画連盟時代」)4)

♪衣笠貞之助は,誰の紹介状も持たずに,当時,精神病院として有名であった松澤病院を取材するのですが,その時のことを,次のように書いています。4)5)

東京府立松澤病院(大正8年に巣鴨駕籠町より移転)

「行ったのは,そのころはまだ東京の郊外であった世田谷の松沢病院である。ここには,そのころ話題の「葦原将軍」という患者のいることで,その名が一般にもよく知らせていた。何の紹介ももたず,縁故もなく訪ねたわたしを,医長さんはくまなく案内して,いちいちていねいな説明をあたえてくださった。いまから思っても,ほんとにありがたいことであった。『狂った一頁』について,その方面の人からも,わりあいに正しく狂気の患者の生態を描いてある,めだったまちがいはないと言ってもらえたのは,そのおかげであったにちがいない。」(「『狂った一頁』の実験―新感覚派映画連盟時代」)4)

「その時,東京の松沢脳病院で取材した記憶は今でも鮮明だ。幾棟かに隔離された病棟には,施療あり,重患あり.水風呂に入っている者,一糸まとわぬ若い女,鉄板の個室の真中に突っ立って,虚ろな眼で空間を見つめている老女.自分の糞尿に,細かく引き裂いた浴衣をかけ,小切れで隅々まで拭き掃除している男.大の字に寝ている者.封筒をそ知らぬ顔で貼っている者,個室の中を,何か口走りながら歩き廻っている者など,気の毒で,二目とは見られなかった.当時,有名な誇大妄想狂,葦原将軍は,2,30人もいる大部屋の隣の3畳で4,5匹の子猫を飼っていた.・・・」(<シナリオ>狂った一頁■監督のことば)5)

 

参考文献

 

1)『川端康成』(新潮日本文学アルバム 16)(新潮社 1984)

2)「<シナリオ>狂った一頁 監督のことば」:『衣笠貞之助 狂った一頁/十字路』(上演パンフ)(岩波ホール 高野悦子編 1975)pp.30-33.

3)「狂った一頁」:『川端康成全集第二巻』(全35巻版)(新潮社 1980)pp.387-418.

4)「『狂った一頁』の実験―新感覚派映画連盟時代」:『わが映画の青春 日本映画史の一側面』(衣笠貞之助著 中央公論社 1977)pp.57-82.

5)『狂った一頁』始末」(衣笠貞之助著):『衣笠貞之助 狂った一頁/十字路』(上演パンフ)PP.8-9.

 

(平成26年9月23日 記す)(平成30年3月9日 追記)