18. 森鴎外『雁』より:主人公・岡田の散歩道 DVD『雁』(1953)

 

Google My Map :本郷・神田・お茶の水界隈:医史跡案内

 

♪森鴎外の小説『雁』に登場する無縁坂は、東京医学校(東京大学医学部の前身)の鉄門前から、上野不忍池との低地を結ぶ本郷台地の坂です。

♪今回は、岡田(主人公・医学生)の散歩コースをみてみます。岡田の下宿は、鉄門前にありました。そのあたり一帯は、現在はキャンパスの一部となっています。龍岡門からバス通りを入って右手の南研究棟のあたりかと思われます。

♪小説は、東京医学校が設立された明治9年から4年後の明治13年頃の設定です。東京に雁が、まだ、飛来していた当時のお話です。岡田の住む下宿屋・上條から続く無縁坂は散歩道になっていました。その無縁坂に面した妾宅に暮らすお玉にとって、夕暮れ時に散歩する岡田は気になる存在でした。

岡田の下宿は鉄門前(現在の南研究棟あたり)にありました

 

南研究棟(龍岡門を入ったバス通りの右手 画面の右側が龍岡門)
構内中央道路(絵葉書)

♪『雁』は『鴎外全集』(岩波書店)の第八巻に収載されています。その中に次のような記述があります。(青空文庫にも収録「」)


「岡田の日々の散歩は大抵道筋が極まっていた」

♪散歩の道筋は二通りあったようです。

1. 下宿(東京大学鉄門前)→無縁坂→藍染川(不忍の池)→上野の山→廣小路→湯島天神→臭橘寺(からたちでら)→下宿

 

上野広小路(絵葉書)

 

上野広小路(鈴木時計店時計塔)(大正年間)
鈴木時計店時計塔
上野不忍池(絵葉書)
上野公園と上野大仏(絵葉書)
上野大仏(絵葉書)
湯島天神(絵葉書)

2. 下宿→長屋門→赤門→本郷通り→神田明神→目金橋(めがねばし)→柳原の片側町→臭橘寺(たちでら)→下宿

帝国大学赤門(絵葉書)

♪岡田は、この散歩道の途中でよく古本屋の店を覗いたといいます。わたしも本郷通り沿いの古本屋街は、この江戸東京医史学散歩でよく通りますが、たいていは土曜・日曜のために休店です。大変不便な思いをしています。

日本の古本屋

★★★

♪森鴎外原作の「雁」(昭和28年度芸術祭参加作品)のDVDを入手しました。

DVD『雁』(昭和28年度芸術祭参加作品)原作:森鴎外

キャスト お玉:高峰秀子 末造(東野英治郎)   岡田:芥川比呂志  善吉:田中栄三     お梅(小田切みき)
スタッフ 監督:豊田四郎   原作:森鴎外   脚本:成沢昌茂   撮影:三浦光雄   音楽:團伊玖磨

(平成14年7月1日 記)(平成29年6月26日 追記)

♪YouTubeに「雁」がアップ(平成30年10月3日)されたことを知りました。


(平成30年10月28日 追加)